無料相談・お見積り

会社情報COMPANY

  1. トップ
  2. 会社情報

代表メッセージMESSAGE

「留学したいかも..」と思った
タイミングを逃さないでほしい

わたしは10年前に7年間勤めた会社を辞めて脱サラし、セブ島に留学しました。当時、家族からは「目的もないのに今から留学なんてしてどうするの!?」、会社の上司からは「今までのキャリアが勿体ない!」、友達からは「路頭に迷っている」と批判の嵐でした。意を決してセブ島に行ったはいいものの、当時の英語力は英検3級以下レベル。話せない、聞き取れないことも多くて、たくさん恥をかきました。
それでも毎日授業に出て勉強を続けているうちに、伝えられること、理解できることが増えていきました。セブ島のフィリピン人講師のフレンドリーさに助けられて楽しく学習できたからだと実感しています。
最初は大嫌いな英語でしたが、少しずつ先生や周りの外国人とのコミュニケーションが取れることへの喜びが増し、拙い英語でも、今では英語を使って外国人と仕事をすることができています。
あのとき、周りの反対意見を押し切って留学を決断してよかったと思っています。
留学という大きな「挑戦」と、そこから得られる「経験」は、留学後の人生にとっても必ずプラスに働きます。
留学した人にしか味わえない、日本と違う「空気・環境・人・文化・常識」を肌で感じ、セブ島留学を通して得た経験と現地での出会いを、今後の仕事やライフスタイルを変えるキッカケにしてみませんか?
わたしがセブ島の語学学校で働いていたとき、「20代の頃からずっと留学したかったけど、仕事や子育てで忙しくて、今になってやっと留学することができた..」とおっしゃっていた60代の方がいました。
思い立ったが吉日。少しでも”留学してみたい”と思ったタイミングを逃さず、周りの意見に影響されすぎず、留学にトライする人が増えていったら嬉しく思います。
留学は勇気のいることですが、そんなあなたの海外に向けた挑戦を後押しできたら幸いです。

セブ島留学バディー
株式会社Via.Mahalo
代表取締役 田平優貴

カウンセラー紹介MEMBERS

田平 優貴シニアカウンセラー

YUKI TAHIRA

留学した国:フィリピン、オーストラリア

留学期間:2ヶ月半

留学時期:2018年

田平 優貴

医療機器業界での営業・企画職を退職後、脱サラ→セブ島留学。その後オーストラリアで1年間の留学とワーキングホリデーも経験。ワーホリ後はフィリピンのセブ島にある語学学校で日本人マネージャーとして海外就職。
コロナで失業後、起業。現在はセブ島留学と移住の専門エージェントとの代表者として経験ベースで皆さまの海外の挑戦を多角的にアドバイスさせて頂いています。フィリピンのことなら何でも聞いてください!

大切にしていること

自分が今まで経験した成功体験・失敗体験をもとにフィリピン・セブ島留学の魅力と注意点をお伝えしています。
ネットでは出てこない細かな情報、リアルな部分をできる限り説明するよう心がけています。

藤丸 璃子カウンセラー

RIKO FUJIMARU

留学した国:フィリピン

留学期間:1ヵ月半

留学時期:2022年

藤丸 璃子

セブ島にて夏休みに1ヶ月の親子留学を経験。留学後は2023年より家族4人でセブ島移住を開始。
セブ島の語学学校での親子留学のことはもちろん、セブのインターナショナル/プライベートスクールについてもお伝えすることができます。
ママ目線だからこその親子留学での注意点や現地生活のアドバイスを得意としています。

大切にしていること

近年、お子様の英語教育のために短期留学をされている人が増えています。ママ目線で小さなお子様連れの方の参考になるような情報をお伝えするようにしています。

原田 遥カウンセラー・広報

HARUKA HARADA

留学した国:フィリピン

留学期間:2ヵ月

留学時期:2023年1月~3月

原田 遥

旅行会社勤務。高校を卒業して旅館の仲居になり、その後は大手通信会社や損害保険代理店へ勤務。本やセミナーで得た知識から、海外で活躍する日本人になりたいと思うようになり、フィリピン留学へ。留学後は日本へ帰国し、旅行会社にてインバウンド観光事業に携わる。留学を経て劇的に変わった自分の実体験を通じて、セブ島留学したい日本人を応援したい想いから、現在はセブ島留学バディーでの情報・SNS発信をしています!

大切にしていること

留学してみたい!でも女性1人で留学をすることに不安を持っている方もいると思います。自分が経験した大変だったことなどをお伝えし、そんな皆さんの不安を取り除けるようなコミュニケーションを大切にしています。

Jessa現地アシスタント

出身地:セブ島

前職:語学学校の英語講師

Jessa

わたしはセブ島留学バディーの現地アシスタント役として働いています。留学生のみなさんが現地生活で困ったときのフィリピン側の各機関とのやり取りを現地語を使いながらサポートしています。
また大学卒業後からセブ島の語学学校で英語講師としてずっと働いていました。
留学前や帰国後のオンライン英会話も担当しています。

大切にしていること

フィリピン人として、生徒の皆さんが現地で問題に直面したときになるべくスムーズな解決をできるように心がけています。

会社概要OUTLINE

会社名株式会社Via.Mahalo
Via.Mahalo, Inc
所在地[本社]
東京都江東区三好4-4-3 荒川ビル4F
[支社]
6014 Hernan Cortes St, Mandaue City, 6000 Cebu
設立2021年4月
(2019年4月創業)
資本金1,000,000円
代表者代表取締役 田平 優貴
事業内容日本人留学希望者への学校紹介 / 各種手続きサポート
海外移住 / ワーケーション希望者のサポート
オンライン英会話サービス
WEBメディアの制作及び運用
損害保険代理店業務
電話番号050-7126-7389
主要取引先スパルタ英会話
MeRISE株式会社
SODATU株式会社
NPO法人JAPANボランティア協会
など50社
メディア実績朝日新聞社
Human Story
取引銀行三井住友銀行
東京東信用金庫
楽天銀行
海外旅行保険
勧誘方針
について
<保険商品の勧誘方針>
LINEで無料相談page top