無料相談・お見積り
  1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. アクティビティ
  4. グルメ

【外さない!】セブ島のラーメン屋ランキングトップ10|最新版2024年

【外さない!】セブ島のラーメン屋ランキングトップ10|最新版2023

日本のラーメンは世界中で愛されており、とある調査では、昨年外国人が好きな「日本食」ランキングでお寿司を抜いて1位となりました。

近年、ここセブ島でも日本のラーメンの人気がとても高まっており、さまざまな種類のラーメンを楽しめるようになってきています。

この記事ではセブ島でも食べられる日本のラーメンを独断と偏見のランキング形式でご紹介していきます。

本内容の執筆・監修者
Hiroto
執筆者Hiroto
監修元セブ島留学バディー
略歴セブ島で3ヶ月間の留学を経験。 現在はセブ島現地の企業に就職し、
セブ島留学の経験をもとに現地に関する生の情報発信をしています。

セブ島のラーメン屋ランキング

これまでセブ島で食べる日本のラーメンはどこか物足りなさを感じ、「なんちゃってラーメン」感が凄く出ていたのですが、ここ数年で大きく変わりました。

ランキングTop10で発表させて頂くラーメン屋は、本格的な日本のラーメン店の出店が相次いだことから、セブ島だったとしても日本と比べても味が劣らない、むしろ日本より美味しいと思える程です。

ご紹介するランキングの中から気になるお店があれば是非訪れてみてください。

1位:MENDOKORO

2023年の9月にIT PARKにオープンしたNippon Hasha系列のお店です。

F&B Garden RowというIT PARK Ayala center blockの近くにある賑やかなエリアにオープンしています。

オープンから現在まで長蛇の列ができるほどの人気で、この10月に食べに行った時は、夕方5時でも1時間待ちでした。

濃厚な豚骨をベースとした塩・醤油・担々麺・味噌・特製いずれかのラーメンを食べることができます。

麺は歯ごたえのある中太麺で、スープとよく絡んでとても美味しいです。

MENDOKOROの注目ポイントは、木材を前面に使った空間とアイランドキッチンです。

ラーメンを食べる空間にも徹底してこだわっているので、お客さんのほとんどはラーメンと店内の写真を取っていました。insta映え間違いなしです。

店名MENDOKORO
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号284789625
facebook / webサイトhttps://www.facebook.com/mendokororamen/
営業時間午前11時~午後11時
イチオシメニュー醤油(shoyu)ラーメン
料金目安ラーメン{400ペソ(約1,000円)~550ペソ(1,375円)}

2位:麺駆ける犬の閃き(Menkakeru Inuno Hirameki)

こちらも2023年5月頃にオープンした新しいラーメン店。

AS fortunaのChatswoodという商業施設にお店を構えており、近隣店にはNEO TOKYOのさまざまな日本食レストランが揃っています。

麺駆ける犬の閃きは、豚骨と醤油をベースとしたラーメンで辛さをトッピングできる調味料が沢山あります。(メニュー表に辛さレベルが表記されています。)

ラーメン_麺かける犬の閃き

また口コミ評価をすると麺駆ける犬の閃きオリジナルグッズがもらえ、毎月11日(ワンワンデー)にそのグッズを持って来店すると10%オフになります。

私個人的には、スパイシー豚骨ラーメンがお勧めです。豚骨の自家製スープと辛味が程よくマッチしてとても癖になります。

Additionalメニューに(味玉・青ネギ)などもあるのでお好みのラーメンにカスタムできます。

店名麺駆ける犬の閃き(Menkake ruinunohirameki)
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号0995 356 2950
facebook / webサイトhttps://www.facebook.com/ramen.menkake
営業時間午後12:00時~午前5:00時
イチオシメニュースパイシー豚骨ラーメン
料金目安ラーメン{398ペソ(約995円)~698ペソ(1,750円)}

3位:三ツ矢堂製麺(MITSUYADO SEIMEN)

三ツ矢堂製麺(MITSUYADO SEIMEN)はBONIFACIO DISTRICTという日本の人気カレーcocoichiも入っている施設の一階にあります。

内装は暖簾(のれん)がかかっていたり昔のポスターが貼ってあったり、とてもレトロな雰囲気です。

ラーメンは鶏がらスープ・東京豚骨・スペシャルつけ麺・ゆず風味つけ麺などがあり、特にゆず風味つけ麺は三ツ矢堂製麺のBEST SLLERとして人気があります。

昔ながらのラーメン王道トッピングの「めんま・ナルト・チャーシュー・海苔・青ネギ」などがデフォルトで入っているメニューが多く幅広い年代に人気があります。

個人的にはCAPPUCCINO MINI CAKEやMATCHA SERIESなどのデザートメニューが豊富な部分もランキングBEST 3に入るポイントです。

店名三ツ矢堂製麺(MITSUYADO SEIMEN)
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号+63 32 344 8548
facebook / webサイトhttp://idc-mitsuyado.com/
営業時間日曜日~木曜日 午前11:00~午後11:00金曜日~土曜日 午前11:00~午前12:00
イチオシメニュー全盛りマル得つけめん(MARUTOKU TSUKEMEN)
料金目安ラーメン{320ペソ(約800円)~510ペソ(1,275円)}

4位:幸 SACHI

幸 SACHIは出店数の多さからおそらく、セブ島の人々に最もなじみ深い日本のラーメンだと思います。

空港近くのマクタン島でも食べることができるのでセブ島のローカルを中心に人気がありますAuthentic Japanese Ramen/Okonomiyakiと看板に書かれている通り、本格的な味わいのラーメンをリーズナブルな価格帯で楽しむことができます。

ラーメンの味は濃厚こってり・辛味噌・担々麺・海鮮野菜など沢山あり、中でも豚骨ラーメンはきくらげ・味玉・紅ショウガなどの豊富なトッピングとスープの相性が抜群でおすすめです。

幸 ラーメン セブ

他にもお好み焼きやお寿司のメニューがあります。

店名幸 SACHI 
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号(032) 888 6194
facebook / webサイトhttps://www.facebook.com/SachiBestRamen/
営業時間午前11:00時~午後9:00時
イチオシメニュー豚骨ラーメン(TONKOTSU RAMEN)
料金目安ラーメン{295ペソ(約738円)~460ペソ(1,150円)}

5位:道頓堀ラーメン(Dotonbori Ramen)

Dotonbori ramen セブ

道頓堀ラーメン(Dotonbori Ramen PH)はStreet Scapeという二階建て高級施設の一階にお店をオープンしており、今年阪神タイガースがセ・リーグを優勝した時には全てのメニュー50%オフのタイムセールを行っておりました。

博多・豚骨醤油・担々麺・中華そばの4つの味のラーメンを選ぶことができます。

Dotonbori ramen セブ
Dotonbori ramen セブ

メニュー構成はシンプルですがスープにコクがあり、とても美味しかったです。

サイドメニューには豚まんがあり、さすが大阪をコンセプトにしたラーメン屋だなと感じました。

店名道頓堀ラーメン(Dotonbori Ramen PH)
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号(032) 427 7275
facebook / webサイトhttps://www.facebook.com/DotonboriRamenPH/?locale=et_EE
営業時間月曜日~木曜日 午前11:00時~午後21:00時金曜日~日曜日 午前11:00時~午後22:00時
イチオシメニュー中華そばラーメン(Chuka Soba Ramen)
料金目安ラーメン{400ペソ(約1,000円)~480ペソ(1,200円)}

6位:将 Sho

将Sho セブラーメン

2022年オープン、IT Park近くの88th Avenuの1階にあるJapanese Ramen Restaurant 将-Sho-はラーメンやたこ焼き・ホルモン焼き・串カツなども揃えたラーメンレストランとなっています。

味噌・担々麺・カレー・醤油・チャンポンなどさまざまなラーメンの味のラインナップがあり、中でも背脂豚骨ラーメンはBest Seller商品です。

将Sho セブラーメン
将Sho セブラーメン
将Sho セブラーメン

将-Sho-はラーメンセットメニューが豊富なのと、曜日によって替え玉無料のサービスをやっているのでリピーター率が高い印象があります。

店内には新宿歌舞伎町の大きな壁紙があり、ワイワイ楽しめる雰囲気です。

店名将-Sho-
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号0956 997 7472
facebook / webサイトhttps://x.gd/zDISE
営業時間月曜日〜木曜日
【ランチ】午前11:30時〜午後14:30時
【ディナー】午後17:30時〜午後23:00時
金曜日
【ランチ】午前11:30時〜午後14:30時
【ディナー】午後17:30時〜午前3:00時土曜日•日曜日午前11:30時〜午前3:00時
イチオシメニュー背脂豚骨ラーメン(Tonkotsu Ramen)
料金目安ラーメン{380ペソ(約円)~480ペソ(1,200円)}

7位:一幸舎(Ikkousha Ramen Cebu)

JYスクエアにお店を構える一幸舎(Ikkoush Ramen Cebu)はFacebookの口コミでは評価★★★★☆4と、高い人気を得ています。

一幸舎(Ikkoush Ramen Cebu)は9カ国に海外展開をしている有名なお店で、本物の豚骨ラーメン専門店を唱っておりメニューはスペシャル豚骨・黒豚骨・塩豚骨などがあります。

一幸舎セブ

オーダーシートに麺の硬さや辛さまたはトッピングを組み合わせることができ、お好みのラーメン仕様にして注文することができます。

日本仕込みの本格的な麺・チャーシュー・特製ダレを食べたい方にはおすすめです。

店名一幸舎(Ikkoush Ramen Cebu)
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号+63(32)383 1933
facebook / webサイトhttps://x.gd/HiUtP
営業時間午前11:00時~午後8:00時
イチオシメニュー豚骨ラーメン(Tonkotsu Ramen)
料金目安ラーメン{290ペソ(約725円)~350ペソ(875円)}

8位:とんがらラーメン(TONGARA RAMEN)

ESCARIO CENTRAL HOTEL+MALL内にある、とんがらラーメン(TONGARA RAMEN)は本格的な豚骨と鶏がらがベースとなるラーメン店です。

今年の2月には人気webメディア媒体のTaste of Cebuにも動画でPRされている実力あるラーメン店です。

味はとんがらシーフード・とんがら海老味噌・醤油・つけ麺などがあり、セブ島で魚介ベースのラーメンが食べられる数少ない貴重なラーメン店です。

店外にもテーブル席を設けているため開放的な気分でラーメンを食べることもできます。

店名とんがらラーメン(TONGARA RAMEN)
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号+63 32 254 6374
facebook / webサイトhttps://www.facebook.com/tongararamenphilippines/?locale=ja_JP
営業時間午前11:00時~午後11:00時
イチオシメニューとんがら海老味噌ラーメン(Tongara Ebi Miso Ramen)
料金目安ラーメン{395ペソ(約988円)~560ペソ(1,400円)}

9位:バリカタ(Barikata Ramen Bar)

Ayala mallの4階のrooftopに出店しているバリカタ(Barikata Ramen Bar)は豚骨をベースとしたラーメン屋さんでTripadviserでも評価★★★★☆4と高い人気を誇っています。

ラーメンは白豚骨・黒豚骨・赤豚骨・つけ麺・混ぜそばなどがあり、セブ島では少し珍しい細めんにこってりとした味わい深いスープで構成されています。

さまざまな白・黒・赤などの色のスープとチャーシュー・味玉・青ネギが組み合わさっているため彩がよく、とても食欲をそそります。

店名バリカタ(Barikata Ramen Bar)
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号(+63)32-268-9582
facebook / webサイトhttps://www.facebook.com/barikata.ph/
営業時間午前10:00時~午後9:00時
イチオシメニュー白豚骨ラーメン(Shiro Tonkotsu)
料金目安ラーメン{290ペソ(約725円)~410ペソ(1,025円)}

10位:浜風(Hamakaze Dining and Bar)

浜風(Hamakaze Dining and Bar)はA.S.FortunaストリートのThe Spaceという商業施設の向かいにあるラーメン店です。

鳥白湯・油白湯・つけ麺・スパイシーつけ麺が食べられる店ですが、納豆白湯やトマトラーメンなどニッチなメニューの提供も行っています。

豚骨系の出店が目立つセブ島ですが、浜風は白湯ラーメンなのであっさりと優しい味わいです。日本でよくある吞みの後の締めのラーメンに適していると感じました。

店名浜風(Hamakaze Dining and Bar)
場所(グーグルマップ)道順を確認する
電話番号(032) 505 4220
facebook / webサイトhttps://www.facebook.com/hamakazeramen/
営業時間午後12:00時~午後10:00時
イチオシメニュー油白湯ラーメン
料金目安ラーメン{340ペソ(約850円)~410ペソ(1,025円)}

セブ島のラーメン屋に行くときの注意点

ここではセブ島のラーメン屋に行くときに気を付けるべき注意点を2つご紹介します。

◎クレジットカードが使えない時もある

支払い方法についてですが、日本などに比べて決済の種類が少なく、クレジットカードが使えないなんてこともよくあります。

これは比較的小さな店舗で起こりやすいです。また唐突に現金以外対応できないと言われることもあります。

以前、とあるラーメン入店した際に「クレジットカードは使える?」と確認すると「もちろん使えるから安心して!」と言われたので、食べ終わってお会計の際にクレジットカードを出すと、クレジットカード用の端末が壊れていて支払いができないから「やっぱり現金じゃないとダメ」と言われました。

「言ってることが違う!」と思いながらも、慌ててATMにお金をおろしに行ったことがあります。

なので食事代は念のため現金でも払えるように用意しておくことが大切です。

◎営業時間内でも閉まっている可能性がある

上記ランキングのお店ではないとは思いますが、ローカルの人達だけで経営するラーメン屋さんは、なんの告知もなくいきなりお店を閉めることがあります。

以前、行ってみたいラーメン屋さんがあったので、お店まで出向いたときに、営業時間内なのに閉まっていたことがあります。

なのでネットの営業時間を信じるのではなく、電話番号やメールを使って実際に開いているか閉まっているのかお店に確認するようにしましょう。

まとめ|セブ島のラーメン

日本のラーメンはここセブ島でとても愛されています。

セブ島の人々はラーメンを味わいながら、会話を楽しむことがとても好きです。

なので、一杯のラーメンを食べ終わるのに1時間ぐらいかかります。

「熱いうちに食べて!」と言いたくなる気持ちも分かりますが、フィリピン流のラーメン文化として私は尊重しています。

セブ島では、今後ますますラーメン人気が高まり、ラーメン店が増えていくと思います。

なので、セブ島に来た時は仲良くなったフィリピン人や友人をラーメンに誘って交流を深めてみては如何でしょうか?美味しいラーメンに舌鼓を打ちながら、きっと楽しい時間を過ごせると思います。


page top