無料で相談する
  1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. 基礎知識
  4. 費用関連

【3ヶ月の総費用=約127万円】フィリピン留学・セブ島留学でかかる金額と全内訳(隠れコストなし)

【3ヶ月の総費用=約127万円】フィリピン留学・セブ島留学でかかる金額と全内訳(隠れコストなし)

「フィリピン留学の3ヶ月間の費用を調べてるけど、結局総額どのくらいかかるのか分からない……」という方もいるのではないでしょうか?

当ブログでは費用シリーズということでフィリピン留学の期間別にかかる全ての費用を、期間ごとに全5回に分けて詳細解説しています。

本記事は、「3ヶ月間のフィリピン留学でかかる費用」のお話です。

この記事はこんな人におすすめ

  • フィリピン留学でかかる3ヶ月間の総費用と内訳を知りたい
  • 3ヶ月の留学をコスパ良く行くためのコツを知りたい
  • 2ヶ月間との金額の違いも知りたい

3ヶ月以外の期間で迷っている方は、以下より確認頂けます。

これさえ見れば、3ヶ月間の留学費用のことはマスターできる!そんな内容になります。

それではいきましょう!

フィリピン留学・セブ島留学の無料相談

\ 学校探しに困ってませんか? /

希望にぴったりな学校を最安値で提案!

フィリピン留学の3ヶ月の総費用:115〜135万円

安めに抑えた場合
(4名部屋を利用した場合)
少し高めの場合
(1人部屋を利用した場合)
高めの場合
(外部ホテル寮を利用した場合)
3ヶ月間の総費用約115万円約135円約150万円
2ヶ月間の総費用約80万円約95万円約108万円
1ヶ月間の総費用約45万円約54万円約60万円

注1)為替の影響により参考価格は変動いたします
注2)フィリピン留学にかかる以下のような全ての費用を含んでおり、一切の隠れコストを省いた金額の概算です

▼上記の表に含む内容(=留学にかかる全ての費用)

  1. 事前に支払う学校費用(入学金・授業料、3食含む滞在費用)
  2. 事前に支払うエージェント費用
  3. 到着後に学校へ直接支払う現地精算費用(寮の保証金、光熱費、管理費、就学許可証、学生証発行代、テキスト代、ビザ代、外国人登録証、管理費用、空港ピックアップ費用)
  4. その他の費用(航空券代、海外旅行保険代、通信費用、観光娯楽代)

これら金額の内訳の詳細も見ていきましょう!

3ヶ月にかかる費用の内訳

フィリピン留学では大きく4つの費用区分に分けることができます。

  1. 事前に支払う「学校費用」
  2. 事前に支払う「エージェント費用」
  3. 到着後に学校へ直接支払う「現地費用」
  4. 自己負担が必要な「その他の費用」

1.事前に支払う「学校費用」:約78万円

項目費用補足説明
入学金15,000円入学および登録金
授業料360,000円留学のレッスン費用
滞在費 *3食付300,000〜520,000円宿泊代と学校が提供してくれる食事代の平均
合計約780,000円

2.事前に支払う「エージェント費用」:当社なら0円

エージェント費用とは、語学学校の代わりに生徒さんへ学校紹介や入学手続き、各種相談などを代行してくれる業者にかかるサポート費用のことです。

当社セブ島留学バディーではこのエージェント費用(サポート費用)は無料となるため、節約頂けます。3ヶ月の留学になると費用も高くなり、有料エージェントの場合、数万円〜10万円程度かかるところもあるため、抑えられる費用は抑えていきたいのが正直なところですよね。

無料サポートで大丈夫?と不安な方は、「サービス・サポート内容」をご参考ください。

3.到着後に学校へ直接支払う「現地費用」:約12万円

項目費用補足説明
1.寮の保証金13,000円物損 / 鍵の紛失時・電気代の超過分などが差し引かれる
2.電気代18,000円基本料+超過した利用分に対してかかる費用
3.水道代8,000円滞在寮 / 施設の水道代
4.管理費15,000円学校施設を使用するためのメンテナンス費用
5.SSP18,000円フィリピンで就学するために必要な許可証
6.テキスト代8,000円コースやレベル・冊数に応じて変動
7.学校IDカード800円学校の学生証明書発行代
8.空港ピックアップ3,000円空港出迎えおよび学校までの片道送迎費用
9.ビザ更新代25,000円3ヶ月留学の場合、2回のビザ更新が必要となる
10.ACR I-CARD9,000円59日以上の滞在で義務付けられる外国人登録証
合計約120,000円

学校に到着してから、こんなに支払いをする項目があるの?と思わられるかもしれません。滞在寮付きであることなどが理由で現地精算費用の項目が多いのがフィリピン留学です。

4.「その他の費用」:約37万円

項目費用補足説明
航空券代50,000〜80,000円取得時期・タイミングにより大きく変動
海外旅行保険代60,000円留学生用の海外保険を利用した場合の相場
通信費1,500円スマホ・ネット代(現地で契約した場合)
観光娯楽代250,000円お小遣い・お土産代含む観光代・遊び代
合計約370,000円

3ヶ月の留学費用を劇的に節約する9つのコツ

3ヶ月の総費用は115〜135万円かかるという結論をお伝えしました。この中でも底値に近い金額で留学を実現するための9つのポイントをお伝えします。

こちらを実践して頂き学校選び〜出発までの準備を進めることでお得に行くことができます。

以下のポイントを全て実践することで、可能な限りの節約を行い最安値に近い形で留学を実現することができます。

1.サポート費用0円のエージェントを使う

留学エージェントにはサポート費用がかかる有料の業者と、0円の無料エージェントがあります。

コスト削減を積極的に行いたい場合は、無料エージェントを利用しましょう。近年では無料を謳うところも多いですが、サポートの範囲や本当にフィリピン留学や現地に詳しい企業なのか?詳しい担当者なのか?をチェックするといいでしょう。

セブ島留学バディーでは、スタッフ全員フィリピン留学経験者で、語学学校のマネージャーとして勤務していた者や現地在住スタッフもおり、現地サポートの体制も整っています。

最低価格保証だから安心!

2.リーズナブルな値段設計の学校を選ぶ

フィリピンには50以上もの数多くの学校があります。そして値段設計は様々です。

安かろう悪かろうでは折角の留学も台無しです。とは言えリーズナルで施設基準・レッスンの質に定評のある学校もあります。

色んな学校の情報を網羅的に理解している留学カウンセラーに聞いてみるのがいいでしょう。2024年もフィリピン・セブ島留学は安いのか?|格安な学校・費用を抑える方法も解説にて、リーズナブルかつおすすめの学校も紹介しています。

3.固定レート制あるいは円建ての学校を選ぶ

フィリピンの語学学校は料金設定がアメリカドル(USD)になっていることが多いです。

そのアメリカドル設定の金額を留学エージェントが金融機関の為替レートに則り、日本円にして値段提示するのが通常なのですが、昨今の円安を加味すると割高になってしまうのが実際のところです..

そこで以下のような学校を選ぶことで留学費用を大きく節約することができます。

  • 固定レート制の学校を選ぶ(例:1USD=157円などどれだけ円安になっても、1USD=130円の固定でやってくれる学校)
  • 日本円建ての料金設定をしている学校を選ぶ(円安が続く場合、日本円設定の学校ほどコスパ良く留学できる)

こういった学校は貴重で、人気も高いためお早めのご検討が必要です。

4.2〜4人部屋など複数人部屋を選ぶ

フィリピン留学には滞在先となる内部寮がセットでついてきます。この内部寮は1人利用の個室タイプと、2〜4名利用の複数人部屋があります。

1人部屋にするか・4人部屋にするかで費用に大きな差が生まれます。

1人部屋・4人部屋の寮料金の比較(3ヶ月間)
  • 1人部屋の場合:約53万円
  • 4人部屋の場合:約32万円

4人部屋を選ぶことで3ヶ月間で21万円も節約できます。1人部屋に強いこだわりがない場合は複数人部屋も検討してみてください。

5.航空券を早く取得する・LCCで取得する

航空券の取り方と取得タイミングによっても費用を大きく節約することが可能です。

まずは、航空券を早く取得することです。早ければ早いほど飛行機のチケットは安くなり、最大3〜4万円程度変わってきます。割安でチケットを取るためにも、留学のスケジュール自体を早く決めましょう。

また、LCCと呼ばれる格安航空会社を選ぶのも一つの方法です。遅延や欠航したときの保証は望めませんが、安くチケットを確保できます。

6.クレジットカード付帯の海外旅行保険を使う

フィリピン留学では、安全・安心の渡航をするために海外旅行保険の加入が推奨されています。語学学校の中には、加入を必須カしているところもあります。

損害保険会社が提供する留学生向けの保険が一番補償の範囲が手厚く安心ですが、費用は少なからずかかってきます。この費用を削減したい場合はクレジットカード付帯の保険を利用することもできます。

クレジットカード付帯利用の場合、最大3ヶ月間の保険利用が可能であることが多く、3ヶ月のフィリピン留学の場合、検討するのもありと言えます。

しかし、補償の範囲が狭かったり利用条件などにも制限があるため、その点は事前に確認をする必要があります。

7.キャンペーンがある時期に留学をする

フィリピンの語学学校では、不定期に割引キャンペーンを実施する学校が多くあります。

このキャンペーンの対象シーズンは閑散期と言われる4〜6月・9月〜11月などに実施されることが多く、それ以外の時期でも発表されることがあります。

キャンペーンやプロモーション内容はエージェントにしか発表されないケースも多いため、なるべく費用を抑えて学校選びをしていきたい人は、「割引をしている学校がないか?」をエージェント担当者に聞いてみるようにしてください。

セブ島留学バディーでは、キャンペーン情報にて最新情報を掲載しています。

8.費用が安めのコースを選ぶことで節約する

語学学校では多くのコースが用意されています。全体のレッスン数が多いコース・少ないコース、マンツーマンの割合が多いコース・普通のコースなど様々です。

費用がどうしても予算オーバーという場合は、全体コマ数がやや少なめ・マンツーマンの割合も少し少なめのコースを選ぶことで節約することができます。

またTOEICやIELTS・ビジネスなどのコースは料金設定が高めのため、一般英会話コースにするなどの調整も検討するといいでしょう。

9.10週間など3ヶ月弱の期間も検討してみる

フィリピン留学では1週間単位で申込むことが可能です。3ヶ月(12週間)ではなく、少し短くして10週や11週などすることでコスト削減される方もいます。

例えば、12週→10週にすることで、約15〜20万円程度の削減はできます。とは言え、留学期間は学習量に直結します。

そのため、期間の短縮するかどうかの判断は慎重に行うべきとも言えます。

3ヶ月間の2ヶ月間学習効果・成長の違い

リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングの4軸で表にまとめる

スキル要素 期待できる学習効果
2ヶ月間の場合 3ヶ月間の場合
スピーキング力 良く使われる基本表現をマスターし、簡単な表現は時間はかかっても伝えることができる。 詰まりながらも多様なトピックに対しても自分の意見を伝えることができる。
リスニング力 日常会話やシンプルな指示・短い文章であれば聞き取れるようになる。 ある程度の早い英語、長い英語表現に対しても耳が慣れてくる。
語彙力 短期間なので定着度は限定的だが、日常英会話で使われる基本単語は概ねマスターできる より長い期間で単語が定着しやすく、中級レベル以上の語彙にも触れることができる
※総評 基本的な英語スキルを獲得し、日常会話力や簡単な文書の理解・ライティングも可能。 より高度な英語スキルを習得し、やや複雑なコミュニケーションや文書の理解も期待できる

 

3ヶ月間の留学におすすめの学校

3ヶ月間のフィリピン留学でおすすめの語学学校を4校厳選していきます。【2024最新】フィリピン留学・セブ島留学でおすすめの語学学校一覧 も合わせて参考にしてください。

Philinter

フィリンタートップ画像
エリアセブ島(空港近く)
寮の門限日〜金:22:00
土/祝前日:24:00
3ヶ月の費用750,000円〜
おすすめ度

Philinterは、セブ島を代表する代表校です。歴史の長い学校であり、信頼と実績数も多く是非おすすめしたい1校です。

SMEAG

エスエムイーキャピタルキャンパス
エリアセブ島(中心街)
寮の門限平日:23:00
週末:23:00
3ヶ月の費用550,000円〜
おすすめ度

SMEAGは、TOEICやIELTSなどの試験対策としても有名なマンモス校です。日本円設定の学校なのでリーズナブルさも魅力。

EV Academy

エリアセブ島(中心街)
寮の門限2種類の規定がより門限が異なる
3ヶ月の費用760,000円〜
おすすめ度

EVアカデミーは、施設の質・カリキュラムの充実性・立地の良さの三拍子揃った人気校です。半年前から予約争奪戦です!

I.BREEZE

I.BREEZEセブ島留学
エリアセブ島(中心街)
寮の門限日~木:22:00
金・土・祝祭日前日:24:00
3ヶ月の費用650,000円〜
おすすめ度

I.BREEZEは、ちょうどいいという言葉がピッタリの人気上昇校!3ヶ月の中長期留学にも安心してお送りできる学校です。

3ヶ月留学のよくある質問

3ヶ月留学するひとは、全体の何%くらいですか?
フィリピン留学で3ヶ月間留学する人の割合は、10〜15%です。2ヶ月が20%・1ヶ月が30%・1〜3週間が35%・4ヶ月以上は5%程度です。確実に英語力を伸ばして行きたいという本気度が高い人は3ヶ月間を選ぶ傾向があります。
2ヶ月と3ヶ月どちらがおすすめですか?
留学を通して得たい成果や目標・現在のレベルにより異なります。英語学習は時間がかかると言われています。確実な成長とTOEICやIELTSなどのスコアアップを狙うのであれば2ヶ月半〜3ヶ月が妥当です。
3ヶ月留学の注意点はありますか?
毎週のように新しい留学生との出会いや交流により、外出や観光への誘いも増えてきます。現地で使う娯楽代や飲食代は思った以上にかかると考えておくといいでしょう。
留学後に期間を延長したり短縮することはできますか?
可能です。ただし、お部屋に空きがない場合は延長をすることは難しく、また短縮に関しては仮にできたとしても返金対応にならないケースもあります。事前に学校の規定を確認する必要があります。

3ヶ月のフィリピン留学はセブ島留学バディーにご相談ください

今回はフィリピン留学でかかる全ての費用をお伝えしました。

現地で使うことが想定されるお金も含めたトータルの金額として捉えて頂けたらと思います。学習目標や予算と相談頂きながら3ヶ月の留学期間が妥当なのか?を決めてみてください。

セブ島留学バディーでは、サポート費用0円・最低価格保証を宣言しています。なるべくリーズナブルかつ安心して留学準備ができるよう留学前の手続きから現地サポートまで万全な体制でバックアップいたします。

お見積り依頼資料請求無料カウンセリングを常時受け付けています。まだ留学に悩んでいる方もお気軽にお問合せくださいませ。

最低価格保証だから安心!


費用詳細が分かるその他の記事Cost related


この記事を書いた人
Yuki Tahira
執筆者田平優貴
監修元セブ島留学バディー
略歴セブ島留学を経験後、セブ島の語学学校スタッフとして勤務。
現在はセブ島現地に拠点を構えるセブ島留学専門エージェントとして、最新情報の提供に努めています。
SNSInstagram
page top