無料で相談する
  1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. 基礎知識
  4. 費用関連

【1ヶ月の総費用=約49万円】フィリピン留学・セブ島留学でかかる金額と全内訳(隠れコストなし)

【1ヶ月の総費用=約49万円】フィリピン留学・セブ島留学でかかる金額と全内訳(隠れコストなし)

「フィリピン留学の1ヶ月間の費用を調べてるけど、結局総額どのくらいかかるのか分からない……」という方もいるのではないでしょうか?

当ブログでは費用シリーズということでフィリピン留学の期間別にかかる全ての費用を、期間ごとに全5回に分けて詳細解説しています。

本記事は、「1ヶ月間のフィリピン留学でかかる費用」のお話です。

この記事はこんな人におすすめ

  • フィリピン留学でかかる1ヶ月間の総費用と内訳を知りたい
  • 1ヶ月の留学をコスパ良く行くためのコツを知りたい
  • 2週間 / 2ヶ月との金額の違いも知っておきたい

1ヶ月以外の期間で迷っている方は、以下より確認頂けます。

これさえ見れば、金額のことはマスターできる!そんな内容になります。

それでは御覧ください!

フィリピン留学・セブ島留学の無料相談

\ 学校探しに困ってませんか? /

希望にぴったりな学校を最安値で提案!

フィリピン留学の1ヶ月の総費用:45〜54万円

安めに抑えた場合
(3~4名部屋利用の場合)
少し高めの場合
(1人部屋利用の場合)
高めの場合
(外部ホテル寮利用の場合)
1ヶ月間の総費用約45万円約54万円約60万円
2ヶ月間の総費用約80万円約95万円約108万円
2週間の総費用約27万円約32万円約36万円

注1)為替の影響により参考価格は変動いたします
注2)フィリピン留学にかかる以下のような全ての費用を含んでおり、一切の隠れコストを省いた金額の概算です

▼上記の表に含む内容(=留学にかかる全ての費用)

  1. 事前に支払う学校費用(入学金・授業料、3食含む滞在費用)
  2. 事前に支払うエージェント費用
  3. 到着後に学校へ直接支払う現地精算費用(寮の保証金、光熱費、管理費、就学許可証、学生証発行代、テキスト代、ビザ代、外国人登録証、管理費用、空港ピックアップ費用)
  4. その他の費用(航空券代、海外旅行保険代、通信費用、観光娯楽代)

これら金額の内訳の詳細も見ていきましょう!

1ヶ月にかかる費用の内訳

1.事前に支払う「学校費用」:約26万円

項目費用補足説明
入学金15,000円入学および登録金
授業料120,000円留学のレッスン費用
滞在費 *3食付100,000円〜140,000円宿泊代と学校が提供してくれる食事代の平均
合計約260,000円

2.事前に支払う「エージェント費用」:当社なら0円

エージェント費用とは、語学学校の代わりにプロモーション活動を代行する企業がお客様から頂くサポート費用のことを指します。

具体的には、留学生へ学校の提案や留学の注意点をお伝えしたり、留学プランの作成、海外送金の代行をしたりする業務に充てがわれます。

当社セブ島留学バディーではエージェント費用(サポート費用)は無料となるため、コストを抑えて頂くことが可能です。

無料サポートで大丈夫?と不安な方は、「サービス・サポート内容」をご参考ください。有料エージェント同等以上の質を保っています。

有料エージェントを利用した際の金額はピンキリですが、数万円〜10万円程度かかるところもあるため、どの内容に対していくらかかっているのかの確認はマストです。

3.到着後に学校へ直接支払う「現地費用」:約5万円

項目費用補足説明
1.寮の保証金7,000円物損 / 鍵の紛失時・電気代の超過分などが差し引かれる
2.電気代6,000円基本料+超過した利用分に対してかかる費用
3.水道代2,500円滞在寮 / 施設の水道代
4.管理費5,000円学校施設を使用するためのメンテナンス費用
5.SSP18,000円フィリピンで就学するために必要な許可証
6.テキスト代5,000円コースやレベル・冊数に応じて変動
7.学校IDカード800円学校の学生証明書発行代
8.空港ピックアップ3,000円空港出迎えおよび学校までの片道送迎費用
9.ビザ更新代1ヶ月間の留学では不要(30日以上の滞在で必要)
10.ACR I-CARD59日以上の滞在で義務付けられる外国人登録証
合計約50,000円

学校に到着してから、こんなに支払いをする項目があるの?と思わられるかもしれません。

滞在寮付きであることなどが理由で現地精算費用の項目が多いのがフィリピン留学です。

4.「その他の費用」:約18万円

項目費用補足説明
航空券代50,000〜80,000円取得時期・タイミングにより大きく変動
海外旅行保険代20,000円留学生用の海外保険を利用した場合の相場
通信費1,500円スマホ・ネット代(現地で契約した場合)
観光娯楽代100,000円お小遣い・お土産代含む観光代・遊び代
合計約180,000円

1ヶ月の留学費用をコスパ良く抑える7つのコツ

以下のポイントを全て実践することで、かなりお得に行くことはできます。

1.無料エージェントを使う

費用を抑えようと個人で学校へ直接申込みをする場合と、無料エージェントに頼む場合で費用は変わりません。

また、直接申込みは受け付けていない学校が多いのも現状です。

むしろ多くの学校と提携を持ち、公平な立場で学校の提案をしてくれるエージェント・無料で各種サポートをしてくれるエージェントを利用していくのが効率的です。

最低価格保証だから安心!

2.値段設定自体が安い学校を選ぶ

フィリピンには50以上の学校があり、値段が安い・普通・高いなど様々です。そもそもの値段設計が安い学校を選ぶことで費用をグッと抑えていくことが可能です。

また値段設定が日本円の場合もあれば、アメリカドルの場合も多くあり、学校数も多いことから本当に安いとろを見つけ出すのは正直大変…..

そういった意味でも、各学校の情報を網羅的におさえている信頼できそうなエージェントに相談するのが得策です。

値段設定が安めの人気校4選

正直コレ以外にもあります。フィリピン・セブ島留学は安いのか?|格安な学校を紹介 も合わせて参考にしてください。

3.固定レート制あるいは円建ての学校を選ぶ

昨今、「円安、円安、円安……」と騒がれています。フィリピンの語学学校はアメリカUSDでの料金設定がほとんどで、お申込時はUSDの金額を日本円に変えて支払うことになり、この円安がお客様にとっては痛手となります..

そこで費用を抑えるコツは、

  • そもそもUSD設定の学校ではなく、日本円で料金設定の学校を探す
  • USD設定の学校でも固定レート制の学校を探す

という方法がとれます。

参考:固定レート採用校

固定レートとは、実際の為替相場が仮に1USD=155円だったとしても、1USD=130円などレートをどんなときでも固定してお得になるように設定してくれている学校独自のレートのことです。

為替の影響を受けない日本円建ての人気校は以下の通りです。

参考:日本円建ての人気校

4.複数人部屋を選ぶ

フィリピン留学では内部寮に入るのが基本となりますが、部屋タイプは1人部屋〜4人部屋まであります。

1人部屋よりも2〜4人部屋を選ぶことで安くすることができます。

▼部屋代(3食付き)の例

  • 1人部屋 1ヶ月の場合:約15万円
  • 3人部屋 1ヶ月の場合:約9万円

複数人部屋にするだけで1ヶ月間で6万円もリーズナブルに留学することができます。

5.申込みを早く済ませ、航空券を早く取得する

留学のお申込みを早く確定することで、航空券の購入を早めることができます。航空券は早いタイミングで手配すればするほど安く購入ができるため、この点も抑えておくといいでしょう。

取得のタイミングで数万円は余裕で変わるため、早期申込みがベターです。

6.海外旅行保険代を削減する

海外旅行保険は語学学校として加入を必須あるいは強く推奨しています。

留学生用の保険を利用した場合、約15,000〜20,000円/1ヶ月ですが、この費用をどうしても削減していきたいという場合はクレジットカード付帯の保険を利用することで実質0円にすることもできます。

しかし、クレカ付帯保険の場合は保証の範囲が狭かったり、利用時の条件もあります。

クレカ付帯の海外旅行保険で補償を受ける場合、医療費を一度自分で立て替えて支払うのが一般的であることにも注意が必要です。(保険会社の保険の場合、立て替え不要のキャッシュレス決済不要)

7.閑散期に留学をする

フィリピン留学には夏休みや春休みシーズンなど生徒数が多く集まる繁忙期と、それ以外の生徒数が比較的落ち着いている閑散期に分けられます。

閑散期には語学学校が割引キャンペーンを発表してくれることも多く、このタイミングを狙って留学すると特典が得られるケースがあります。

割引をリアルタイムで行っている学校については、キャンペーン情報 にてご確認頂くか、お気軽にLINEお問合せフォームよりご連絡くださいませ。

1ヶ月のフィリピン留学でおすすめの学校

Cebu Blue Ocean

セブブルーオーシャントップ
エリアセブ島(リゾートエリア)
寮の門限日~木:22:00
金・土・祝日前日:0:00
1ヶ月の費用205,000円〜
おすすめ度

Cebu Blue Oceanは、運営歴・綺麗さ・カリキュラムの質・コスパの総合評価が高い人気校です。

CIA

シーアイエートップ
エリアセブ島(リゾートエリア)
寮の門限日~木 22:00
金・土・祝祭日前日 24:00
1ヶ月の費用250,000円〜
おすすめ度

CIAは施設の充実度と綺麗さがフィリピンの語学学校でNo.1です。半年前から満席で予約が困難。

Philinter

フィリンタートップ画像
エリアセブ島(空港近く)
寮の門限日〜金:22:00
土/祝前日:24:00
1ヶ月の費用250,000円〜
おすすめ度

Philinterは、セブの語学学校の中でも長い歴史を持つ学校で、カリキュラム / コース / 講師に対して高い評価を受けています。

EVアカデミー

EVアカデミー(フィリピン留学)
エリアセブ島(中心街)
寮の門限2種類の規定がより門限が異なる
1ヶ月の費用265,000円〜
おすすめ度

EVアカデミーは、日本限らず他国の留学生からも常時満席が続く人気校。早めの予約が必須です。

よくある質問

1ヶ月間の学習効果は?

英語を話すことやアウトプットすること、外国人と話すこと自体への恐怖心が若干消えていくフェーズです。

担当のフィリピン講師とも仲良くなり始め、会話をしていくのが楽しいと思える人も増えてきます。学習した内容が積み上がり、表現できる幅が広がり始める簡単な日常会話の成長が期待できます。

フィリピン留学では何ヶ月間留学する人が多いですか?

当社調べでは、以下のような割合です。

  • 1〜3週間:35%
  • 1ヶ月:30%
  • 2ヶ月:20%
  • 3ヶ月:10%
  • 4ヶ月以上:5%
2ヶ月間の留学費用はどのくらいかかりますか?

2ヶ月間の留学費用は、総額82万円程度です。学校やお部屋タイプ・現地での観光娯楽費・航空券代により変動し、10万円程度の差は出てきます。

詳しくは【2ヶ月の総費用=約82万円】フィリピン留学でかかる金額と全内訳 を参考にしてください。

留学する時期によって費用は変わりますか?

費用は1年間を通じて同じ金額になります。一部の学校では、キャンペーンやプロモーションにより特別割引が発表されることもあり、お得に留学をすることもできる時期があります。

留学費用を節約して安く抑えるコツは?

1ヶ月の留学費用をコスパ良く抑える7つのコツにてお伝えしています。こちらを参考にすることで最安値での留学を実現することが可能です。

1ヶ月のフィリピン留学はセブ島留学バディーにご相談ください

フィリピン留学・セブ島留学の体験インタビュー

今回はフィリピン留学でかかる全ての費用をお伝えしました。

現地で使うことが想定されるお金も含めたトータルの金額として捉えて頂けたらと思います。学習目標や予算と相談頂きながら1ヶ月の留学期間が妥当なのか?を決めてみてください。

セブ島留学バディーでは、サポート費用0円・最低価格保証を宣言しています。なるべくリーズナブルかつ安心して留学準備ができるよう留学前の手続きから現地サポートまで万全な体制でバックアップいたします。

お見積り依頼資料請求無料カウンセリングを常時受け付けています。まだ留学に悩んでいる方もお気軽にお問合せくださいませ。

最低価格保証だから安心!


費用詳細が分かるその他の記事Cost related


この記事を書いた人
Yuki Tahira
執筆者田平優貴
監修元セブ島留学バディー
略歴セブ島留学を経験後、セブ島の語学学校スタッフとして勤務。
現在はセブ島現地に拠点を構えるセブ島留学専門エージェントとして、最新情報の提供に努めています。
SNSInstagram
page top