無料相談・お見積り
  1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. 基礎知識
  4. 学校選び
  5. 年代・属性別

【18選】セブ島留学でシニアにおすすめの学校を一挙に紹介

【18選】セブ島留学でシニアにおすすめの学校を一挙に紹介

セブ島のシニア留学|学校選び4つのポイント

ここではフィリピン・セブ島で50代以上の方や60代以上でシニア留学をするうえで参考になる学校選びのポイントをお伝えします。

シニア世代だからこそ気になることや注目すべき点を事前に抑えておくと学校選びが効率的に進みます。

1.シニア向けのコースの有無があるか確認する

まずはシニア向けのコースが希望する学校に用意されているかを確認することをおすすめします。セブ島留学では、各世代・目的に合わせた最適なコースを用意されていることが多いです。

しかしながら学校によってはシニアを対象としていなかったり、1日のレッスン数がものすごく多くとてもやりきれない…というミスマッチも発生しうります。

シニア専用コースが仮になかったとしても、1日4〜5コマなど半日程度で自分のペースを保てそうかチェックしてみてください。

2.滞在先のクオリティを確認する

フィリピン・セブ島留学では滞在先も学校選びに大きく影響します。全ての学校が英語の授業を提供するだけでなく、滞在先・宿泊先もセットで留学サービスを提供しています。

滞在先のクオリティは高いものから平均的なもの少し劣るものなど、正直様々です。

最もリーズナブルに抑えられる学生内部寮が主流ですが、シニア世代にもより快適に過ごせるようにホテル寮や家具付きのコンドミニアム寮を提供している学校もあります。予算と合わせて、滞在先のクオリティチェックも掲載の画像を見たり、現地を実際に視察している留学カウンセラーに聞くのがおすすめです。

3.提供される食事のクオリティを確認する

フィリピン・セブ島留学ではレッスン・滞在先に加え、食事も提供されるのが特徴です。

食事は毎日3食提供されるところもあれば、土日祝日は2食のみの学校、朝食しか提供されない学校など様々です。まずは食事は全て学校任せにしたいか、あるいは外食などもある程度しながらでも良いか?を決めていくといいでしょう。

その上で1日3食提供される学校を選ぶのであれば、クオリティがどの程度なのか?について実際のところを留学カウンセラーに聞いていくようにするのが理想です。

当社では視察時に学校の食事を頂くようにしています。各学校の食事の質についてお伝えできると思いますのでお気軽にご相談ください。

4.学校周辺の環境・利便性を確認する

シニア留学を検討されている方が学校選びをされる際の最後のポイントは、学校周辺の利便性についてです。

フィリピンは日本のようにまだまだ道路の整備はされていないのが現状です。また至る所にコンビニなどがあるというわけでもありません。

しかし語学学校によっては、徒歩やタクシー5分圏内でショッピングモールやコンビニ、飲食店、商業施設にアクセスできるところもあります。

また留学中に体調不良になってしまう方もいますので、そのような事態を見越して病院施設までの距離が近いところを選択するのも一つの方法です。

シニアにおすすめの語学学校一覧

フィリピン国内にあるシニア層におすすめできる学校をエリアごとに一覧で掲載しています。

セブ島 中心エリアの特徴
  • フィリピン留学と言えばセブ島と言えるほど学校の数が最も多い都市
  • 繁華街が多く、利便性が最も良いエリアのため生活には困らない
  • 1時間圏内に観光地やリゾートエリアも点在するため土日も暇なく過ごせる
  • 留学先選びに困ったら「まずはセブ島から選べは問題なし」と言える場所

CELLA premium

CELLAプレミアム外観
最小の授業数1日5コマ
滞在先タイプ内部寮・外部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

2023年に新設された綺麗な学校です。社会人やシニアなど大人を対象にした学校で、周囲の利便性はトップクラスです。

Howdy

ハウディートップ画像
最小の授業数1日5コマ
滞在先タイプホテル寮
周辺の利便性
食事の提供朝昼の2食

Maayoホスピタルという病院施設に併設するホテルが滞在先となり安心感はバツグン。提供される食事の質も◎

CLC

CLC
最小の授業数1日8コマ(*応相談)
滞在先タイプホテル寮
周辺の利便性
食事の提供朝昼の2食

4ツ星ホテルであるBai Hotel内にある学校。施設の質はトップレベルで、徒歩圏内にショッピングセンターもあり。

Winning English

winning english
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプホテル寮・外部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

日本人の比率が少ないグローバルな環境が魅力の学校。ホテル寮とコンドミニアム寮から選ぶことが可能です。

MeRISE

MeRISEミライズ
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供朝食のみ

社会人特化型の有名校で徒歩圏内に病院施設・スパーなどあり。大学生はいないため過剰な騒がしさも軽減できます。

I.BREEZE

I.BREEZEセブ島留学
最小の授業数 1日6コマ
滞在先タイプ内部寮・外部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

近年人気沸騰中の中規模の学校。欠点がないちょうどいい学校という表現がピッタリ。ホテル寮も提供しています。

Universe English

ユニバースイングリッシュセブ
最小の授業数1日6コマ
滞在先タイプホテル寮・コンド寮
周辺の利便性
食事の提供自己手配

シニアからのリピーターも多い学校。滞在先はホテルかコンドミニアムから選択できます。食事の提供がされない点に注意。

English Fella2

イングリッシュフェラ2トップ
最小の授業数1日6コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

市街地にあるEnglish Fella2は、キャンパス内でリゾート気分を味わえる作りになっています。シニア専用コースがあるのも特徴。

CG アカデミー

シージーアカデミートップ
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

セブの中心地にある学校で、徒歩圏内で日本食を専門に扱うミニスーパーもあり。リーズナブルさも魅力。

GLC

GLCジーエルシートップ画像
最小の授業数1日5コマ
滞在先タイプ内部寮・ホテル寮
周辺の利便性
食事の提供3食

紙の教材ではなく、デジタル教科書(e-boook)を採用する学校。荷物を増やしたくないというシニアの方にとってはGood。

リゾートエリア(=マクタン島)の特徴
  • フィリピン屈指のビーチリゾートとして有名なエリア
  • セブ空港へのアクセスが良いのも嬉しいポイント(主要エリアまで車で15分)
  • 街の開発も進んでおり、新しい学校も続々と誕生している注目エリア

B’Cebu

B'Cebuビーセブのエントランス
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

BECIという実績校が2023年にリゾートエリアに新設した学校。館内・お部屋は綺麗で過ごしやすと思います。

Cebu Blue Ocean

セブブルーオーシャントップ
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプホテル寮
周辺の利便性
食事の提供3食

リゾート留学といえばCebu Blue Oceanと言えるほど有名でロケーションは最高。満席必須なのでご検討の際はお早めに。

Philinter

フィリンタートップ画像
最小の授業数1日5コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

カリキュラムに定評があるフィリピンの老舗校で、空港からのアクセスも良好。2023年の改築で施設はピカピカです。

First English

マクタンニュータウン一帯
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプコンドミニアム寮
周辺の利便性
食事の提供簡易朝食のみ

First Englishはシニアからも親しまれている学校です。滞在先は家具付きコンドミニアムとなり、ロケーションは最高です。

欧米人が多いエリア(=クラーク)の特徴
  • 首都マニラから車で2時間ほどの距離にある都市(成田→クラークの直行便あり)
  • リトルカルフォルニアと呼ばれるほど欧米人が多く住むエリア
  • ネイティブ講師によるマンツーマンレッスンが受けられるのが醍醐味
  • 自然に恵まれている町だが、アンヘレスという地区では歓楽街もあり

EG Academy

EGアカデミー
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

多彩なコースが用意されてたクラークエリアの代表校です。ゴルフ+英語学習をされるシニアの方もいます!

We Academy

ウィーアカデミー
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

広大な敷地面積を持つ学校。ジム、プール、打ちっぱなしゴルフ場などゆったりすることもできる。wifi速度の速さも売り。

CIP

CIP
最小の授業数1日4コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

中規模な学校でアットホームさも感じる学校。フィリピン人講師はもちろんネイティブの授業が受けられれ、皆フレンドリー!

その他エリア(=バギオ)の特徴
  • 平均気温22℃、年間を通して涼しいためエアコン不要なエリア
  • フィリピンの軽井沢と言える保養地的な存在のため、フィリピンの中でも治安がいい
  • 成果にコミットする元祖スパルタ式の学校が集中する都市(*半日コースもあり)
  • 歓楽街がほぼなく、誘惑なく「しっかり学びたい」という人にはおすすめ

BECIシティキャンパス

BECIシティキャンパス
最小の授業数1日3コマ
滞在先タイプ内部寮
周辺の利便性
食事の提供3食

涼しい場所で快適な気候で留学したい方にはオススメしたい学校!観光と合わせての留学もしやすいフレキシブルなコースが満載です。

セブ島での社会人留学について、もっと詳しく知りたいという方は、【シニアもOK?】60代以上のフィリピン・セブ島留学で失敗しない秘訣を参考にされてみてください。

本内容の執筆・監修者
Yuki Tahira
執筆者田平優貴
監修元セブ島留学バディー
略歴セブ島留学を経験後、セブ島の語学学校スタッフとして勤務。
現在はセブ島現地に拠点を構えるセブ島留学専門エージェントとして、最新情報の提供に努めています。
SNSTwitter
page top